費用を考えて利用する

大きな会議室

CDプレスは一般に販売されているのCDと同じ仕組みで作られるもので、原盤を作成しそれを元にしてCDを大量に生産することができます。一方で、一般にCDコピーなどで使われているCD-Rなどはレーザーなどを使って情報をCD-Rと呼ばれるメディアに焼き込んでいくというものです。CDプレスは大量生産に向いているため、少数生産には不向きですが、個人でもCDプレスを行っている業者に依頼すれば、製作することが可能です。CDプレスの少数生産を請け負っている業者でも最低枚数は100枚以上となっており、最低料金は2万円程度となっています。なお、1000枚でも100枚と同じ程度の費用が必要になるため、枚数が少なければ少ないほど費用がかさみます。

CDプレスを利用するメリットは、大量に配布する必要のあるCDを作るということと、プレスによって書き込まれるので、CD-Rなどと異なり劣化に強いといったメリットがあります。これは、CD-Rが表面に貼られた膜に対してデータをレーザーを使って焼き込むのに対して、通常のCDの場合には樹脂内にデータが記録されているためです。そのため、保管状況が良ければ半永久的に保存することが可能です。またCDプレスを行っている業者では、製品として売られているCDと同様の品質およびパッケージのものを製作してくれるので、何らかのソフトウェアや音楽などを大量に配布または販売するといったさいにもCD-Rを使ってコピーするよりも有利です。